妄想チャット MOSO

君が声をあげなければ、誰もその苦しみを分かってはくれない - チャット小説

いじめ〜雪女〜の続きです!


私は、いつか壊れてしまうかもしれない。

「もう、どうでもいいや。」

いつかはそうなるのかもしれない。

誰にも分からない。

このチャットを読む アプリでこのチャットをDLする

君が声をあげなければ、誰もその苦しみを分かってはくれない」を今すぐ読むことが出来ます。